「整体」「矯正」に関する私見

私は整体・矯正という言い方をあまり好まないので、広告にも書きません。
ですが、お客様から、
「骨盤矯正はできるの?」 「○○は治りますか?」
と聞かれることもありますので、あくまで私見ですがお答えします。

結論から言うと、整体ができないというのは誤解ですし、似たような効果も期待できます。

「整体師」は無資格です。
民間資格はありますが、なくても名乗れますし開業できます。 経歴に、スクールを出ていると書いている整体師もいますし、実際に技術を習得していると思いますが、
国家資格に認められていませんし、無資格でも講習でもなれるのが整体師です。

対して私は柔道整復師という国家資格を所持しています。
当店は接骨院ではありませんから、保険は使えませんし、あくまで「ボディケア」「リラクゼーション」「ほぐし屋」「もみ屋」ですが、
知識、経験、技術体系は、国家資格者のそれということになります。

さて、整体師の「矯正」についてですが、 私は使うならば「調整」という言い方の方が好みですかね。
骨格や関節の歪みやズレを矯正するという整体があるようですが、 私を含む柔道整復師とは思想、施術内容がまったく異なるようです。

柔道整復は、現在の整形外科学をベースとしています。 解剖学、運動学等を学び、応用しています。

人間の姿勢をつくるのは筋肉・筋膜であると考えています。
骨格・関節は、本来、動きます。 歪んだり、ズレたりできるからこそ、力を逃がせるのです。

骨格・関節の周囲に付く筋肉が、生活習慣や疲労によって固くなるので、骨格・関節の動きが悪くなり、
動きが悪いので血流不足で筋肉が柔らかさを失うという悪循環です。
これが全身にバランス悪く起きているから、姿勢が、「骨格が」曲がるのですね。

ですから、解剖学を使って、 どの筋肉の硬直や緊張が、骨格・関節を不自由にしているのか見極めながら、
関連のある筋肉を緩めて、バランスを調整していきます。

結果、痛みが軽減したり、背筋が伸びることもありますので、 言葉にこだわらずに私が「整体です」と言えば、整体の一種とも言えるのですが…

ちなみに、ボキボキと音をさせる整体がありますが、アレは正確には骨の音ではない上、パフォーマンスだと思いますよ。
長くなるので省略しますが。

基本的には、私は保険適用を捨てた柔道整復師なので、いち「ほぐし屋」、いち「もみ屋」ですが、
整体師は無資格であること、カイロも整体に含まれることは、知っておいてください。

もし、当店以外で施術を受ける場合も、念のため「何の資格をお持ちですか?国家資格ですか?」と質問してみることをお勧めします。
整体は前述の通りですし、接骨院等であっても、施術者が無資格ということが実は多いですよ…

ご質問があれば可能な限りお答えします。 ほぐしや掌

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.