リラクゼーション

患者・消費者のための各種手技療法の選び方まとめ

参考になれば幸いです。

一連の記事がありますので是非お読みください。。。

リラクゼーション

リラクゼーション

接骨院(整骨院)

急性のケガに関しては専門です。
骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の時には保険で治療が受けられます。
急性期の専門なので包帯固定やテーピング等も上手な先生がおられます。
スポーツ外傷に強い先生が多いのも特長があります。

事実上、「保険で安くマッサージが受けられる治療院」となっていることは問題視されています。
慢性的な肩こりや腰痛、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。
「リハビリ」としての後療法であれば対象です。

あん摩マッサージ指圧師(通称マッサージ師)

マッサージの国家資格者です。
筋麻痺や関節拘縮等の慢性的な症状や、医療上マッサージを必要とする症例については保険の対象となります。
保険を使うためには、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。

単なる疲労回復や慰安では保険の対象になりませんのでご注意ください。

整体、カイロプラクティック

国家資格者ではありません。
「民間資格」と言いますが、国に法制化されていないことは知っているべきです。
もちろん、上手な施術者もいると思いますが、施術者の技術水準や施術方法等がばらばらであると指摘されていて、手技や矯正を受けてケガをしてしまうリスクも認識してください。

また、法的には「無資格」であるため、症状や病気を「治す」と謳っている場合は充分にご注意ください。

リラクゼーション

治療ではなく「癒やし」であると正しく理解している場合は選択して良いと思います。
多大な期待をしなければ、リーズナブルで気軽でしょう。
現代のストレス社会では必要な存在かもしれませんね。

国家資格者の手技療法

分類上は上の「リラクゼーション」と同じです。
しかし医療系国家資格を持つ者の人体や健康への知識はある水準を約束されているでしょう。
医業類似行為や機能訓練指導員をすることも許された国家資格の所持者であれば、
極端に突飛な施術理論は持たないでしょう。

医師と同様に考えるのは間違いですが、
ある程度、症状や健康の相談や知識を求めていたり、
より安全を求めているのであれば、選択肢になり得るでしょう。
ただし保険は使えないためリーズナブルとは言えません。

はてなブックマーク - 患者・消費者のための各種手技療法の選び方まとめ
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket