アスクレピオスの杖

マッサージと手技療法の違い

試験科目を比べてみた

あん摩マッサージ指圧師(通称)マッサージ師の中には、
リラクゼーション業そのものが違法だと言う人がいらっしゃるみたいです。
なんでも、

マッサージ師か医師でなければ、
人の体を「触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す・身体の他動的操作および自動運動またはその誘導行為」など総ての手技行為を行ってはいけない。

だとか。。。
でも上の通りだと、私どころか、
大手のリラクゼーション店、エステ、ソフト整体、接骨院…等々、
ぜんぶダメということになってしまいませんか?
それぞれの資格者や団体の立場からの主張があるのはわかりますが、
法律のことですので…解釈次第みたいなところもありますし、
過去の判例では次のようになっています。

医業類似行為を業とした者が処罰されるのは、これらの業務行為が人の健康に害を及ぼす恐れがあるからであり、法律が医業類似行為を業とすることを禁止するのも、人の健康に害を及ぼす恐れのある業務行為に限局する趣旨と解しなければならない。

つまり、有罪判決を出すためには、問題となる医業類似行為が人の健康に害を及ぼす恐れがあることを認定しなければならない。

法律の専門ではないので詳しくは語りませんが、
単なるリラクゼーションを有罪にすることは難しいかと思います。

また、「無資格マッサージ」の定義は以下のようです。

  1. 医療に関する国家資格を所持せず、個人の自由
  2. 民間団体の発行する独自の資格および免許の所持
  3. 徒手ないしは器具による人体への刺激が医師の指示下に行わないと違法になる医療系国家資格の所持

1と2に関して、柔道整復師は国家資格なのでクリア。
3に関しても柔道整復師は単独の判断で施術ができる、開業権もある医療系国家資格です。
マッサージ師さんの気持ちがわからないのでもないのですが、
柔道整復師の手技療法までを禁止することは無理があるかと思います。
それよりも先ずは本当に無資格の者、民間資格の者が大勢いるわけですから。。。

マッサージ師の国家試験科目

  1. 医療概論(医学史を除く。)
  2. 衛生学・公衆衛生学
  3. 関係法規
  4. 解剖学
  5. 生理学
  6. 病理学概論
  7. 臨床医学総論
  8. 臨床医学各論
  9. リハビリテーション医学
  10. 東洋医学概論
  11. 経絡経穴概論
  12. あん摩マッサージ指圧理論
  13. 東洋医学臨床論
陰と陽

陰と陽

柔道整復師の国家試験科目

  1. 解剖学
  2. 生理学
  3. 運動学
  4. 病理学概論
  5. 衛生学・公衆衛生学
  6. 一般臨床医学
  7. 外科学概論
  8. 整形外科学
  9. リハビリテーション医学
  10. 柔道整復理論
  11. 関係法規
アスクレピオスの杖

アスクレピオスの杖


 

あえて細かく言及するのは避けますが、

(追記)
やはり少し書きます。。。

  • 柔道整復師は、東洋医学や経絡経穴を学んでいない。
    (陰と陽や、“氣”の流れという概念が入らない)
  • マッサージ師は整形外科学や外科学を学んでいない。
    (西洋医学の思考が薄い)

あくまで実体的な理論で施術にあたるか、
観念的な思想で施術にあたるか。
これぐらいにしておきますね。。。(追記終わり)

見た目が似た手技であっても施術理論が違ってきそうです。

また、保険の取扱いについて以下をご確認ください。

マッサージの施術を受けられる方へ

保険を使えるのはどんなとき

  • 筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときに保険の対象となります。

治療をうけるときの注意

  • マッサージの施術を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。詳しくはマッサージ施術所などにお尋ねください。
  • 単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりませんので、ご注意ください。

マッサージ師であっても、疲労回復や慰安や疾病予防のためのマッサージは保険の対象とならないとのこと。

 

はてなブックマーク - マッサージと手技療法の違い
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket