プラセボの要素

鍼はプラセボにすぎない① ~プラセボ効果とは~

「鍼はプラセボにすぎない」

プラセボ効果(偽薬効果)とは、
偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。
その威力は「馬鹿にならない」程で、痛みや不眠等の症状に対しては、かなりの効果があるとも言われているが、
気休め効果、または思い込み効果とも言える。

鍼灸師による鍼治療が、
「効果があるとしてもプラセボ効果にすぎない」と言われたら、
みなさんはどう思いますか?

プラセボ(プラシーボとも呼ばれます)効果を高める要素がいくつかあり、それらは「演出効果」と言い換える事ができる。
例えば、ジーパンよりは白衣の「先生」からもらった薬の方が効くような気がするし、
高価な治療の方が効くような気がするのです。

プラセボの要素

このプラセボ効果は、実際の効果がある薬や西洋医学の治療にも付随します。
つまり、「効果がある治療」とは、実際の効果+おまけのプラセボ効果ということです。

プラセボ効果と純粋な効果

プラセボ効果は、あらゆる治療法で発現する現象であり、
しかし、個人により効果にバラつきがあるので、
ある治療薬、ある治療法にとって、「特異的な効果」とは言えない。
つまり、その薬の成分や、その治療法の理論に基づいた効果ではない。
一番簡単に言うと、「ならではの効果」とは言えない。

だから、純粋な治療効果、特異的な効果が本当にあるかどうかを検証するためには、
プラセボ効果を抜きにして比較しなければいけない。

プラセボ効果と真の治療効果

(画像の出典:Mochimasa様)

偽薬(プラセボ)は、見た目は本物と区別がつかない、有効成分を含まない偽の薬ですが、
プラセボ効果のみに期待して処方する事よりも重要な役割があります。

臨床試験で使用する事です。
プラセボ効果のみなのか、真の治療効果があるのかを実験する際に、
偽薬を使用するのです。

プラセボ臨床試験

本物の薬(治療法)と偽薬の「効果の差」を分析してはじめて、実の効果がわかります。
偽薬でも効果は出るかもしれませんが、それはプラセボ効果のみの効果ですが、
本物の薬(治療法)に真の効果があるのなら、プラセボ効果に上乗せして効果があるはずだからです。

被験者は、処方される薬が(有効成分の入った)本物の薬か、(何の効果もない)単なる偽薬かを知らされません。
プラセボ効果は、「先生から、私の症状に効く薬を処方してもらった!」という期待感の影響を受けるので、
「何かを飲んだ」とか、「何かしら治療をしてもらった」という条件だけで効果が出てしまうからです。
そのため、「プラセボ効果によらない真の効果」を検証・比較するためには、
本物の薬と偽の薬を用意し、一方のグループには本物を、他方のグループには偽薬を処方するが、どちらのグループの被験者も、自分が処方されたものが本物の薬か偽薬かを知らされないという臨床試験が必要になります。
これを盲検法と言います。
「何の治療も施さないグループ:A」と、「効果があるとされる治療を施すグループ:C」を比較しても、
グループCに現れた効果はプラセボ効果かもしれないし、治療ではなく自然治癒しただけかもしれないのです。
だから、「何の効果もない偽の治療を施すグループ:B」と「効果があるとされる治療を施すグループ:C」を比較して、
プラセボ効果によらない効果の有無を調べるというわけです。

しかし、この方法でも真実に近付くには不十分で、本当の理想は二重盲検法です。
観察者(医師)からも、自分が処方する薬が本物か偽薬かを不明にして行う方法です。
観察者がそれを知ってしまっていると、無意識であっても被験者(患者)に伝わってしまう可能性や、
観察者によるレポートにもバイアスがかかる可能性を、徹底的に排除するためです。

二重盲検法

 

さらに加えて、ランダム化比較試験でなければいけません。
臨床試験にかける対象グループの構成は、完全ランダム選出であるべきという事です。
当たり前と思うかもしれませんが、例えば、

「西洋医療に失望して、鍼治療に大きな期待を抱いている患者に対して、
鍼治療は西洋医学では治せないものも治せると豪語する鍼灸師が、鍼治療を施したとして、
その結果、患者の症状が改善したというレポート、論文は、科学的根拠にはなり得ない。」

上の例の場合なら、
被験者グループは、治療者(鍼灸師)が選んではいけない。
鍼に期待感のある人も、鍼に疑念のある人も、症状の軽い人も、症状の重い人も、
症状以外の健康状態や経済状況も、生活習慣も宗教も、年齢性別も、
すべてはランダムに被験者(対象群)を振り分けるべきである。

ランダム化比較試験

「そこまでするか?」ではないのだ。
普通の医療の薬というものは、「そこまでして」はじめて世に出てくるのだ。
この様な、徹底的で厳密な臨床試験を繰り返して、検証している。

果たして「代替医療」と言われる中の鍼灸やカイロプラクティック、ホメオパシー、キネシオロジー……
それらの治療法は、この様な水準で臨床試験にかけられているか?(いないのだが)
そして、これらを徹底的な臨床試験にかけた時、「効果はあるのか、ないのか」

サイモン・シン、エツァート・エルンスト著
『代替医療解剖』では、その検証がわかりやすく、徹底的に書かれている。
代替医療を批判したいだけの内容ではない。
「科学的根拠に基づいた医療(EBM)」とは何かが非常に丁寧に書かれている本です。

代替医療解剖

鍼灸師、鍼灸科の学生、鍼灸接骨院に携わる人、
そして、「鍼治療で実際に良くなった体験がある」という一般の方、
ここまで読んで、「なんだ、科学、科学とうるさいな」

「事実、鍼は患者に、私に、効いている。
西洋医学や化学では説明できないことが世の中にはあるって事だよ。」

と言いたくなるだろうか。
しかし、それは本質ではないのだ。
この本で丁寧に説明されているのは、
鍼が効くメカニズムや、気や経絡や経穴を科学で説明する事ではないのだ。

「メカニズムが科学的に理解できなくても、かまわないが、
実質的な効果があるかどうかのみを検証していく。
効果さえ認められれば、メカニズムの解明は未来に託せば良い」

という考えだ。
メカニズムや思想や哲学ではなく、「効果のある・なし」を科学するという試みだ。

そしてプラセボ効果を差し引いて、真の効果のみを比較検証した時に、
鍼治療に、その他の代替医療に、プラセボ以外の効果がはっきりと認められるのか?
「何に効いて、何には効かないのか?」鍼灸治療院が治療可能とする範囲は本当か?
その事が、本当に丁寧に徹底的に、筋を通して、検証されています。

具体的に、鍼に対して行われた臨床試験とその結果、評価に関しては、
次回で書こうと思います。

↓続きはこちらです
鍼はプラセボにすぎない② ~鍼への臨床試験~
http://tanagokoro.pupu.jp/?p=1106

はてなブックマーク - 鍼はプラセボにすぎない① ~プラセボ効果とは~
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket